QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スタッフ日記 志帆

はじめまして突然失礼いたします。今年からスタッフに新加入しました、志帆です!
どうぞよろしくお願いします!!

初めてSOULBOOKに出会ったのは2年前の2011年、吉祥寺SEATAでの第2回目の時でした。
この2年間、完全にオーディエンスとして参加してきた最高に大好きなSOULBOOKというイベントに、なんということでしょう、私が今このスタッフ日記を書いているという現実、興奮して若干震えます笑
さぁて、本当にいろんな人、場、音楽の繋がりからめぐりめぐってスタッフとしてかかわらせていただくことになったわけですが、私が体感してきたこのSOULBOOKという激熱イベント!この場を借りて、私の視点から少しだけでも紹介させていただこうと思います。

2011年10月28日。DJの友人からなんともアツそうなイベントがご近所吉祥寺で行われると聞いて、ソウルもろくに知らなかった私はパーティーガールな友達といつものノリで乗り込んでいったように思います。
だがしかし!SEATAの中に入った私達はいつものノリをぶち壊された!!
ズクナシはもちろん知っていてすでに大好きだったんだけど、SOULBOOKでの彼女達はこれまたぶっちぎって凄かった!
いや、ズクナシだけを取り上げて言うとなんか違う、全然違う気がする。
それぞれの出演者がそれぞれでぶっちぎりの色を発していて、それにオーディエンスが分厚い熱気を纏わせて、会場全体に渦巻くそれを、ズクナシが練り上げて昇天…!!!というかんじ!
私は初めてのSOULBOOKであの快感を知ってしまったのです…!
そして当然のように次回を心待ちにしていた私は、友達が仕事でいけなくなってしまったにもかかわらず当たり前のようにひとりで2012年第3回目に突撃していました。
2度目のSOULBOOK。
SOULBOOKでしか味わえないあの感覚が、前回を軽く超越してSEATAに充満していました。
ズクナシぐっさんがライブ中にステージからおりてきて、モーゼの神話のようにオーディエンスの中央が割れたときには、本当に一体となった熱の海に会場全体が流動的に波打っているのを感じたのを強烈に覚えてます。
と!伝えたいことがたくさんありすぎるのであえて主催のズクナシに特化して表現してみましたが、言うまでもないくらい出演者全てが最強なのです。
ライブステージもDJブースも、どこにいようとアツい音と個性が芯に向かって響いてくる。
そんな場だからこそうまれる、私にとって今本当につながれてよかったと思ういくつかの出会いもありました。人も音も。有り難い。

そして2013は7/14開催、夏ど真ん中!アツい!!
今年はスタッフという心構えはもちろんあるけれど、それもあわせて私自身本当に楽しみです。
というわけではじめてのスタッフ日記、少々テンション高めでお送りさせていただきました♪
当日出会えることを楽しみにしています!!!!志帆でした♪


それではNEXT→DJ嘉数 晋吾パイセンです!!
よろしくお願いします☆















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。